議会での質問・答弁

2022年03月08日

2022年第2回 2月定例会・予算特別委員会 総務関係

中央図書館について

(中森辰一議員)
 中央図書館等の事についてはこの後も多くの委員がこれを取り上げられるんだろうという思いますけども、今日は図書館の在り方を含めて考えたいとおもいます。
 図書館とは何か、勉強が不十分でありましてそれを表現することは私にはできませんけれども、日本の図書館学のオーソリティで日本図書館協会の理事長もされて昨年亡くなられた竹内聡さんっていう方がいらっしゃいます。この方が昨年出版された最後の著書のタイトルに、「生きるための図書館」という言葉を採用していらっしゃいます。子どもたちが生きる力を養うのに大事なところいうことがあると思いますし、人々が自分の人生を豊かにしたり、仕事や勉強、研究のために必要な情報を得たり、本を通じて出会ったり、交流を深めたり、そういった様々の役割を持っているんだろうなという風に思います。
 そこで伺いますが、自治体が公立図書館を作って運営する理由というのはどういうもので、広島市はどういう考え方で図書館を作り運営してこられたんでしょうか。

(生涯学習課長)
 図書館は図書館法第2条第1項で、図書を記録その他必要な資料を収集し整理し保存して一般講習の利用に供し、その教養調査研究レクリエーション等に資することを目的とする施設と定められており、本市の図書館もその目的に則して運営をしております。

(中森辰一議員)
 図書館のあり方ということで、私は少し引っかかることがあったんです。今、広島駅前の商業ビルに中央図書館を移転させようとしておりますけれども、その際に、昨年9月に提出されたという広島駅南口開発株式会社の移転要請文書の中で、商業ビルの他のテナントと連携したにぎわい創出に取り組むという考え方が商業ビルへの移転を要請したビルのオーナー会社から出されているわけです。
 にぎわい創出に取り組むということが、広島市立図書館の目的の一つかというよりも、中央図書館をどうするかという重要な節目である中で、そういう時に中央図書館がにぎわい創出に取り組むというわけで商業ビルへの移転を要請しているということは、にぎわい創出に取り組むことが、広島市立図書館の極めて重要な役割である、と広島市の外郭団体であるこの商業ビルのオーナー会社が言っているに等しいという風に思います。これは広島市の行政のお考えなんでしょうか。

(生涯学習課長)
 昨年9月に提出された要望書に記載してある事項は、広島駅南口開発株式会社の考え方ですけれども、本市と致しましても、エールエールA館内のテナントと連携した合同イベントや、PRの実施により、多くの方に図書館に来ていただくための取り組みを行っていきたいと考えております。

(中森辰一議員)
 にぎわいっていうことがまったくないとは言いませんけれども、やはりこれは主な役割ではないという風に思っています。
 広島市の図書館の利用者が減っているということで、この移転問題の中で市が説明をしておりますけれども、このことについて市の分析を簡単に説明してください。

(生涯学習課長)
 近年、本市の図書館の入館者数が全体的に減少しておりますけれども、これは本市に限ったことではなく、全国的に減少しております。減少している理由としては、インターネットやスマートフォンなどの急速な普及により、図書館に行かなくても手軽に本や雑誌を読んだり、調べ物をしたりすることができるようになったことに加え、趣味や娯楽の多様化により読書ばなれが進んでいることなどが挙げられるのではないかと考えております。
 一方で、近年駅前に移転した図書館では、大幅に利用者が増加しており、利用者の増減には立地場所も関連があるものと認識をしております。

(中森辰一議員)
 広島市の図書館の貸出冊数、本の数についての市の分析があるのであれば説明をお願いします。

(生涯学習課長)
 本市図書館全体の貸出冊数の推移につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響がない年度で見ますと、平成21年度の年間約539万冊から平成30年度の年間約518万冊へと、10年間で約4%の減となっております。平成27年度に貸出上限冊数を5冊から10冊に引き上げたことにより、一時的に増加していますが、その後は減少が続いております。これにつきましても、入館者数の減少と同じく、インターネット等の普及や、趣味や娯楽の多様化により読書離れが進んでいることなどが理由として考えられます。

(中森辰一議員)
 ひとつ例をご紹介したいと思うんですけれども、先ほど紹介しました竹内聡さんの著書に、ある東京都の多摩地域にある人口23万の市の図書館の状況というのが紹介をされております。中央図書館と合わせて中学校区に1か所になるように図書館の分館を10館整備されました。人口比では2万人に1館が整備されました。都市部ですから、どこからでも大体自宅から歩いて10分の所に図書館があります。本当に身近なところに図書館があるわけです。
 各分館にはそれぞれ5万点以上の蔵書・資料がありますけれども、2015年の数字で市全体で所蔵資料は市民一人あたり5.9点という風になっております。その結果、本の貸し出し数は市民1人あたり11.4点。広島市より随分大きいと思いますけども今はその数字も年々大きくなってきているようであります。
 市民1人当たりの資料購入費、本などを買う費用は395円。職員は2016年で司書44人を含めて正職員62人、嘱託員155人、合わせて217人が高い専門性を持って市民に対応しております。
 後で広島市の数字を言いますけれども、ぜひこのことは覚えておいていただきたいと思います。竹内さんの本では、図書を選ぶ相談だけではなくて、図書館としてのレファレンスという一番重要な仕事を担う役目をしっかり果たしているという様子が描かれておりました。
 この市の図書館の基本方針は、
①市立図書館はどこでもだれでも気軽に利用できる市民の書斎であり続ける。
②地域に根ざした市民文化の創造に寄与する。
③そのために積極的な図書館活動を行う。そのために積極的な分館網の整備充実を進めること、市民の参加と協力を得るように努める。
 こういうことで長年にわたって取り組んでこられて、今紹介した状況まで到達をしておられます。この多摩地域の市というのは調べてみますとどうも調布市だと思います。
 費用だけで見た世界の図書館の水準を見ますと、日本図書館協会が紹介している数字ですけれども、フィンランドの国民一人当たりの図書館費は7,300円。年間です。デンマークが6,840円、スウェーデン4,728円です。何年も前の数字なんですけども、ちょっと桁が違うなと思います。
 政令市の実質図書館費、これは図書館費とされているものと、専任職員の人件費を足したものですけれども、一人当たり実質図書館費で一番大きいのはさいたま市で1,774円、図書館数は25館、専任職員数は164人、一人当たり貸し出し数は7.1点、さいたま市の市民一人当たり資料購入費は176円です。
 先ほど紹介しました調布市の図書館の半分以下。これが政令市で一番多いわけです。ちなみに一人当たりの資料費が一番多いのが静岡市で234円でした。広島市の一人当たり実質図書館費は746円。これは政令市20都市の中で19番目です。一人当たり資料費だけで言いますとわずか84円でしかありません。成果を上げている調布市のわずか1/4以下。専任職員も人口は5倍以上ですが、調布市の半分程度しかいません。日本の図書館協会が出している最近の数字です。
 広島市立図書館の実態を見ますと、コロナ前で市民一人当たりの貸し出し数が4.0点。これも調布市の数字と大きな開きがありまして、政令市の中でもかなり下の方ではないかと思います。
 平和文化都市として、文化水準の重要な要素であり、知の拠点である図書館に対して、広島市はもっとお金をかける余地が大きいんではないかと思うんですけれども、どのようにお考えでしょうか。

(生涯学習課長)
 図書館は市民の生涯学習の拠点となる施設であり、市民生活にとって大変重要な施設だと認識しております。こうした認識のもと、厳しい財政運営が続く状況ではありますが、図書館の運営に必要な予算は確保しており、引き続き限られた予算の中で市民のニーズに答えながら図書館サービスの充実に努めてまいります。

(中森辰一議員)
 にぎわいに図書館を導入しようというふうなことになっているわけですが、そういうことを考える前に、取り組むべきことがあるということが提示されているんじゃないかと思います。
 どう取り組んでいくべきか、私の考えですけれども、例えば市民がより本に親しむスタイルを身につけていくためには、子どもの時から本に親しむことは大変重要だと思います。今の図書館網の機能を高めて、子どもを含めて市民がより親しめるように発展させていくことが必要ではないかと思うんですが、どうでしょうか。

(生涯学習課長)
 現在、本市の図書館の体制といたしましては、総合的な管理運営や専門的な図書の収集などを担う、中央図書館をはじめ、子どものための専門図書館である子ども図書館、日常生活で必要とする図書を収集する各区図書館、それから漫画専門のまんが図書館があります。
 また、図書館等から遠い地域等にサービスを提供する移動図書館車の運営や、間接的なサービスとして公民館図書室等への配本業務なども行なっております。このような体制のもと、これまで市民からの要望や社会情勢の変化に対応したサービスを展開するなど、より利用しやすい図書館サービスの提供に努めてきており、引き続きその充実を図ってまいります。

(中森辰一議員)
 これついては後でまた提案しますけども、平成14年12月に市の諮問を受けて提出された21世紀広島図書館計画の提言というのがあります。20年前の提言なんですけども、ここで提起された課題と方向性について、これまでに取り組みがされて、実際に実現されたものがあるんでしょうか。

(生涯学習課長)
 平成14年度に作成しました21世紀広島市図書館計画の提言において、10の目標を定めて取り組んできており、その内容は平成23年度に作成した広島市立図書館サービスのあり方についての中で整理をしております。
 いくつか例示いたしますと、広島の個性となる資料情報の収集創造発信という目標については、平成20年度から貴重資料のデジタル化に取り組み、ホームページに掲載をしております。
 また、サービスの個別化、利便性の向上とアクセス環境の充実という目標については、平成16年度からインターネットによる検索予約システムの運用を、平成21年度から優良図書宅配サービスを開始しております。
 また、身近できめ細かな図書館サービスを受けられる適正な図書館の配置という目標につきましては、平成22年度から図書館で借りた図書の公民館での返却を可能としております。

(中森辰一議員)
 いくつかやってきたことがありますよという報告でしたが、この提言では、町の図書館化ということが提言をされております。要するに、市民生活のすぐ身近なところに図書館があるような街にしていこうということなんだと思いますけども、市民と本を結びつけていく上で大変大事なことだと思います。
 そのために重要なことは、いかに市民生活の身近に図書館を近づけていくことだと思います。そこで、今の市のそれぞれの施設の立地を考えますと、中学校区に一つ、先ほど調布市の図書館の例を言いましたけど、中学校区に一つ設置されております。公民館の図書室がありますね。ここを思い切って充実をさせて利便性を高めていくということが大事になってるんじゃないかと思いました。今の公民館の図書室の蔵書数はどの程度あるんでしょうか。

(生涯学習課長)
 公民館によって蔵書数は異なりますけれども、一館あたり おおむね4,000から5,000冊程度となっております。

(中森辰一議員)
 4,000から5,000冊、もう少し増やして欲しいなと思うんですけども、さっきの提言を作るにあたって実施した市民アンケートでは、図書館が近くにない、行くのが不便だから利用しない、こういう意見が3割ありました。それから、借りたり返したりが面倒だという意見も3割ありました。公民館での本の貸し出しの利便性ということが大事になっているかなと思うんですが、今公民館の図書室はどの程度利用されているでしょうか。

(生涯学習課長)
 公民館では、公民館専用の図書利用カードを発行し、貸し出す際に、自らが貸し出しノートに登録番号、日付等を記載する方式となっており、身近な公民館で本を借りることができることで、市民の読書環境の向上につながっているものと考えております。
 新型コロナウィルス感染症の影響がない平成30年度の貸出実績で申し上げますと、平均で1館当たり年間約2,900冊となっております。

(中森辰一議員)
 1館2,900冊、これをどう高めていくかということだと思うんですね。中央図書館だけではなくて、区の図書館も、人口十数万、20万を超える区もあるのに、あるいは安佐北区とか、佐伯区、安佐南区、安芸区は区域がが広いにも関わらず、区の図書館が1か所しかないということで、非常に不便になっております。交通の便が悪いという条件もあるかと思いますけども、そういう点でこの公民館の図書室の役割が大変おおきくなっているんじゃないかと思います。
 蔵書数の問題だけではなく、中央図書館と区の図書館とで本の予約、本の貸出・返却が相互に流通できるシステムが確立しております。これらのどこでも借りたり返したりができるわけですけども、公民館図書室はシステムにはまだなっていません。このことがやはりこの利便性という点で改善の余地があるのではないか。
 子どもたちが気軽に立ち寄れる図書館という点でいうと、公民館の図書室の分館化というのは非常に大事になっていて、そこでの取り組みをしていくことが必要ではないかと思います。区の図書館が身近でない市民にとって、この公民館の図書室が、身近で借りたり返したりも利便性も高い図書館ということで機能するようになっていくと、市民の図書館の利用はもっと活発になる可能性があるんじゃないかと私は思っているんですけども、この点はどのようにお考えでしょうか。

(生涯学習課長)
 公民館は、地域活動の拠点として地域住民がサークル活動や学習会などを行うことを目的として設置している施設であり、現在図書室は地域住民への身近な学習機会を補完するために、公民館の一角を利用して設置しているものでございます。
 公民館を図書館の分館とするためには、組織体制の見直しを始め、図書館の管理システムの公民館、全市で70館ございますけども、全館への配備、予約本の保管スペースや、担当する民営化(?)の確保、また全公民館への集配業務の委託など、新たに相当な人員と経費がかかるものと推察されます。
 こうしたことから、公民館の図書室を図書館の分館とすることは難しい状況にありますが、引き続き配本サービスの充実に努めるとともに、より一層の利用者数の増加に向けてPRにも取り組んでいきたいと考えております。

(中森辰一議員)
 現状では施設の制約もありますし、仕組みもそうなってはいないということなんですけども、施設という点で言うと、これから公民館も一つ一つ建て替えも進めていかれると思いますので、新しい公民館を作る時は、そういうことも考えて、仕組みを考えていただけると良いと思います。
 その際、提言の中では学校との連携みたいなこともあったと思うんですけども、子どもたちあるいは市民が、公民館の図書室で本の相談をするとか、あるいは区の図書館などとのつなぎをしていくとかいう点で言うと、やっぱりそこに一人の人を置いていく、蔵書数を増やしていくという数字と合わせて、そういう体制の充実ということも、さっきも言われましたけども必要になってくるかなと思います。
 これからの課題ですけども、やはりそういうことも展望していくということが必要なことじゃないかなという風に思うんです。ぜひ今後の検討課題として上げていただきたいと思います。
 他方で、こうした町の図書館化を進めていくことになると、将来的にも中央図書館の役割はますます重要になってくると思います。
 身近な図書館、差し当たっては分館、区の図書館ということに今はなってるんですけども、そういうことよりも、中央図書館というのはより専門的な知の拠点としての役割が重要さを増してくるんではないかと思います。 区の図書館のレファレンス機能を支援する、区の図書館におけないより専門的な資料を置くということも含めて、市民の様々な活動の支援の拠点になるということが大事なんだろうと思います。今はビジネスとか起業の支援なども行っておりますけれども、市民の知的要求に応えていく大学などとの連携も進めていくという風なことも、取り組んでいくことが必要だと思います。
 それから、それとは別に公民館の図書室を含めた、先ほども言いましたけれども、市内の図書館ももっと充実させていくことになれば、中央図書館のセンターとしての役割もますます多くなってくると思います。そうしますと、当然図書や資料の集配業務を増大していくということになります。そういう点でも、今回の中央図書館の移転という問題も、将来の問題も含めた形で考えていくってことが大事なことではないかと思うんです。
 商業ビルの荷物の搬出入口は二つありますけども、商業機能と両立させていくというのは、これから役割を大きくしていけばいくほどますます困難になるんじゃないかという風にも思います。
 そういう点では、将来の広島市の図書館機能を発展させることを考えると、現地を含めた建て替えということが検討されるべきではないかというのが私の意見です。
 もし建て替えるということになった場合は、40年、60年というようなことではなくて、100年は使える建物としての堅牢さと、将来の発展を見込んだ設計が必要だと私は思っております。
 それから、仮に移転するとなると、その跡地をどうするかということは必ず問題になります。あの土地を空き地にして置くというということにはならないと思います。その問題で、音楽ホールということが出てきていると思いますけども、実際どうなるかわかりませんが、どういうものを建てるにしても、その建設費は必ず問題になって参ります。仮に音楽ホールだという風にしますと、規模にもよりますけれども、200億円から300億円が新たに必要になってきます。現地建て替えであれば跡地問題は起きないわけですから、移転するのであれば、跡地に建てる施設の建設費を含めて費用の比較を考えるべきではないかと思います。
 先日も桑田議員から意見が出されておりましたけれども、そう考えると圧倒的に現地建て替えの方が費用は少なくて済むということにならないでしょうか。比較の仕方というのはこういう風に考えるべきじゃないかと思うんですがどうでしょうか。

(生涯学習課長)
 中央図書館の跡地に整備を検討する文化芸術施設につきましては、例えば音楽専用ホールやコンベンション機能など、中央公園内に新たに導入することになる機能の必要性が広く市民に認知され、施設整備に向けた機運が市民の間で十分に醸成される中で、それに相応しい内容を検討する必要があり、一定の時間を要するものと考えております。
 一方で中央図書館等は施設が老朽化している上、耐震性能も不足しており、機能更新が喫緊の課題となっていることから、中央図書館等の移転と文化芸術施設の建設費を関連付けると言うことは適切ではないかというふうに考えております。

(小池副市長)
 あの跡地問題と委員はおっしゃいましたけれども、今回エールエールA館に移転する場合には96億円で、建て替えの場合には百二十数億円という風に試算を出しております。そのうち百二十数億のうちの二十数億が立て替え仮移転経費ということで、桑田委員からも、それを除けば建て替えの場合と、エールエールへ移転する場合と同じじゃないかという指摘があったと思いますけれども、エールエールへ移転する場合には、エールエールの権利を買う部分もお金に入っておりますので、結局そこの権利を買って、そちらに入ることになって、今の中央図書館の立っている場所は当然更地になるわけですよね。
 今中森委員はそれが問題だとおっしゃいましたけど、むしろそこに新しく何かできる余地が生まれるわけなんです。例えば、音楽ホールのようなものを将来広島市に作る場合、中央図書館を移転していれば、、そこに建てることができます。けれども、もしそこがなければ全く別の土地を用意しなくてはいけないわけです。ですので、今回仮移転の話は置いておいて、それぞれが九十数億で同じだと言っても、その図書館の跡地が残る残らないの違いがあるわけです。図書館の跡地に今後何かを建てる権利というのが、当然その土地のことに関しては多分数十億になるものですので、それだけの違いがあるということはぜひご認識いただければと思います。
 その部分について、これから中央図書館の跡地を何に使っていくかっていうのは十分議論していきたいと思っております。

(中森辰一議員)
 フロアを買うのに60億円ぐらいとおっしゃっておりましたけれども、あれはあくまでもフロアの権利を買い取るということですし、土地の権利ということも付随してあるわけですけども、それはあくまでもビルのオーナーの一人としての権利だと思いますから、将来あのビルを建て替えようとか、いろんなことが起きてきた時に、それが60億円にあたるものかどうかという色々考え方があるかと思います。いずれにしても新しい土地が生まれるんだということもおっしゃいましたけれども、そういう考え方もあるかもしれませんけれども、今の図書館を充実させて欲しいということになりますと、やっぱりどうしてもあの商業ビルというに移転するっていうことになりますと、それなりの制約が出てくるかなと思います。
 将来の図書館のあり方ということを考えた時に、それが足かせにならないかということも考えなければならないかなと思います。将来100年を見越した柔軟性のある設計をと言いましたけど、そういうことが考えられるようなあり方というものが必要ではないでしょうか。
 今出ましたエールエールA館そのものの問題についての疑問もあるんですけども、それはまた明後日総括質疑の中で聞いていきます。

(小池副市長)
 説明させていただきたいんですけども、今回、先ほどの90億の話をしましたけれども、あの公共施設の適正管理推進事業債という、有利な起債を使うというお話をしておりまして、今回この有利な起債を使うことによって、エールエールに60億円ぐらいの権利を買うんですけれども、その部分にもこの起債が使えることになっていまして、この起債を使うと、基本的に充当率、事業費のうちの9割までは起債が使えます。そしてその起債の償還に対して、その50%を地方交付税で将来的に国からお金がもらえることになっています。単純に言えば45%割引、そういう金額で権利が買えることになっているので、非常に安く整備ができる。96億と言ってますけど、実質的には50億強ぐらいですかね。●●分除いた金額で市の負担でやることができるわけです。ですから、エールエールの権利を買うということも60億と言っていましたが、それが全部なくなるわけではなくて、土地の権利としてはエールエールがなくなっても、そのあと土地の権利は残るわけですから、三十数億と言ってますけど、それを非常に有利な形で買うことができるという状態になっているということもぜひご認識いただければと思います。

(中森辰一議員)
 あえて副市長が発言されましたので。土地の値段というのは将来どういう風になるか分かりません。それともう一つは地方交付税、これは国と地方との関係なんですけども、本来は、地方が自主的に税収をあげて、自分たちの裁量で運営していく。それを、今は国が税収として吸い上げてしまっているので、国から地方に還流してくるといいますか、地方分権とは違う形のやり方が取られていると私は思ってるんです。しかも地方交付税は常に国の裁量で変わってきます。今その交付税で措置をされるということも、これまでずっと何度も言われてきましたけれども、それが本当に将来も保証されてるかというと、私はそれをあまり信用してないです。これから先そういうものはどうなるかわからない。
 地方交付税で措置されるといわれているけれども、本当に措置されたのかどうかっていうのは実際にはわからないことになってるんじゃないでしょうか。市の財政局だって、これぐらい地方交付税で来るはずだったということじゃないかと思います。
 結局いくらになったかということは、国の地方財政計画とかそういうところによって左右されてくるものだと思いますので、それに左右されるというのは、あまり賛成できないと思っています。

(市長)
 今言われたのは、現状のシステムと理想を並べて、国家システムが安定できてないというご指摘ですけども、我々は現実の問題として、今のシステムをどう使ってやるかということをやってるわけです。理想を言われてることだって、将来できるかどうかわからないんです。そこを引き合いに出して、比較するというのはあまりにも無責任ではないでしょうか。今ある中央公園の土地だって国有地なんですよ。それを借りてるわけです。未来永劫借りられるでしょうか。その理屈であれば、国家はなくなるのか。皆さんの立場では、今の日本政府の立場が長続きするかどうかわからないというお立場ですからね。今予算を編成して、実際の予算措置をするという中で、国が許可する債券の発行、そういったことを前提にしながらやっていかなければいけないと思っています。したがって、今あるシステムの中でいかに有効なものを作っていくかという発想で説明してるということを分かっていただければと。それを信用できないから不安だというご意見は、意見として承りますけれども、我々今できることを最善を尽くすということでやらせて頂いているという風にご理解いただきたい。

(中森辰一議員)
 現実にそういう形で今財政が運用されていることは私はよく分かっています。
 ただ、地方自治体はどこでも懸念しておりますように、今臨時財政対策債などというものも出してるわけです。これは将来的に地方交付税でその償還も措置されるということになっているんですけども、しかしなぜこういう在り方について地方が反対の声をあげてるのかということも、私はよく考える必要があると思います。
 この臨時財政対策債というのは、将来の地方交付税の先食いだと私は思ってるんですけども、そういうことをやっている国の実態というのをやはり考えるべきだと思います。