議会での質問・答弁

2019年09月27日

2019年第3回 9月定例会 議案質疑 近松さと子議員

第26号議案 令和元年度広島市一般会計補正予算(第2号)

1 放課後児童クラブの開設準備について

【発言動画】
広島市議会録画中継

(近松さと子議員)
 今回の補正予算で整備する9クラスの増設で、来年度からすべての放課後児童クラブが基準条例の本則に適合するのか。

(教育長)
 来年度は、基準条例の経過措置の終了に伴い、条例の本則が適用され、定員が1クラス当たり「60人以下から」「おおむね40人以下」に、児童1人当たり面積が「1.00㎡以上」から「おおむね1.65㎡以上」になります。
 これを踏まえ、今回の補正予算は、放課後児童クラブの利用者推計に基づき、来年度当初に利用申込者数が定員を一定程度上回る見込みの38学区のうち、当初予算で措置していなかった9学区について、追加で増設することにしたもので、これらの増設を計画通りに行い、すべての放課後児童クラブが基準条例の本則に適合するようにしていきたいと考えています。

(近松さと子議員)
 基準条例の本則を定めた子どもの一人当たりの面積基準は、机や棚などの備品を除いた面積から算出されるのか。

(教育長)
 国は、面積基準について『「児童1人につきおおむね1.65㎡以上」とは、専用区画の面積を児童の数で割った値をいうものである。』との考え方を示していることから、本市も本則適用後それに従って、備品が占有する面積は除かずに算出することにしています。

(近松さと子議員)
 これまで、特例として定員を超えて受け入れてきた児童数は何人か。また、今後の対応はどのようになるのか。

(教育長)
 これまで「特例」という扱いで受け入れた児童数は、平成27年度が52人、平成28年度が29人、平成29年度が77人、平成30年度が6人、そして今年度は20人となっています。
 来年度についてですが、これまでの「特例」の扱いによって運営に市章が生じてこなかったことを踏まえ、基準条例の経過措置の終了後も、同様に取り扱うとともに、さらに、その対象を全学年に拡大して、待機児童が生じないようにしていきたいと考えています。

(近松さと子議員)
 指導員の配置基準は、学童保育の質の確保のために大切だと考えているのか。広島市として、現行2人体制の指導員の配置基準を引き下げないという考えなのか。

(教育長)
 放課後児童クラブの指導員については、現在、国の「従うべき基準」において、1クラスあたり2人以上を配置し、うち1人は保育士や教員などの一定の資格等を有するものを充てることとされています。
 こうした中、本市が運営する放課後児童クラブでは、1クラス当たり有資格者である指導員を2人配置し、指導員のうち1人が、週休日や休暇取得等により不在となる場合でも、かわりに臨時指導員を配置することで、基準を下回らないようにしてきました。
 今後の扱いについては、来年4月から施行される児童福祉法の改正を踏まえつつ、児童の安全・安心の観点から、現行の体制をベースとして、他都市の動向も注視しながら、適切に対応していきたいと考えています。